筋トレの仕方

間違った筋トレは逆効果

筋トレの仕方 | 間違った筋トレは逆効果!

実際に筋トレの方法等をご紹介していきます。

 

筋トレは1つのものを1日3セットやるのがオススメですが、ジムではこれを一度に3セットやることになるとおもいます。

 

回数などは自分のペースで構いません。無理のない続けられるペースではじめて徐々に運動量を増やしていくのが長続きさせるコツです。

 

と言いたいところですが、本当に効果を得るためには、そんな方法では効果は得られません。

 

やるだけ無駄、とまではいいませんが、非常に非効率。

 

そもそも筋肉が肥大するのは、無理をするからなのです。無理をしない限り筋肉肥大はしません。

 

たとえば、あなたが無理をすると筋肉が悲鳴をあげます。悲鳴をあげた筋肉は、あ、この筋肉量ではダメなんだと理解します。

 

そこで、筋肉は、同レベルの負担に耐えられるだけの筋肉を増やそうと働くのです。

 

このような筋肉が肥大するメカニズムからすると、無理をしない限り効果は得られないということになるわけです。

 

 

筋トレは、無理をすればするほど良いのか?

 

では、無理をすればするほど筋トレは効果があるのかと言えばそれも違います。

 

無知な筋トレをすると、「全然効果がな出ない」とか「筋肉を痛めてしまった」となってしまい、筋トレが逆効果になってしまうことさえあります。

 

そこでオススメなのがプライベートジム。

 

プライベートジムでは、個人個人に合わせて、どの程度の負担を与え、どれぐらいの回数をどれぐらいのペースで行うのが良いのか教えてくれます。また、最短で最高の効果を得られるようにマンツーマンでトレーニングをサポートしてくれます。

 

プライベートジムはいくつかありますが、やはりオススメはライザップ。返金保証も付いているし、効果が出ている人が多いです。また、ライザップは、プライベートジムの中では良心的な料金だと思います。

 

ただ、近くにプライベートジムがないという人もおられるはず。

 

そこで以下では、自宅で筋トレを行う場合、どのようにすれば良いのかということについて触れておきたいと思います。

 

 

筋トレは毎日行う方が良いのか?

 

筋トレの仕方 | 間違った筋トレは逆効果!

 

筋トレで効果を得たいなら、筋トレを行うペースがとても重要です。

 

一番良い筋トレのペースは、1周間に2回から3回。

 

中には毎日筋トレはした方が良いと勘違いされている人も多いと思いますが、毎日の筋トレは筋肉が回復する間がなくなり逆効果になる場合があります。

 

「毎日やるぐらいならやらないほうがマシ」と専門家の坂詰真二氏も言っています。

 

なぜ毎日筋トレを行ってはいけないのかと言うと、筋肉が強くなるのは、筋トレ中ではなく筋トレ後だからです。筋肉を鍛えると、その後しっかりと筋肉は休ませてあげる必要があるわけです。

 

では、どれぐらいの休息が必要かというと、筋トレ中に疲労と損傷した筋肉の回復に、「48時間から72時間」必要になります。

 

つまり、筋トレは一週間に2回から3回行うのが良いのです。

 

 

一日の筋トレ量はどれぐらいがベストか?

 

一日の筋トレする量はどれぐらいがベストなのかご存知ですか。

 

結論から言うと、15回以上できる筋トレは意味がないといいます。

 

つまり軽い重さのものを数多く回数をこなしても、筋肉は作られません。かと言って、1回しかできないものでは行き過ぎです。

 

たとえば、12回できる重さが限界点だとします。その場合、その重さで10回こなし、これを3セット行うようにします。

 

こうすることにより、効果的に筋トレを行うことができます。

 

ただ、問題は続けられるかどうか、という部分です。人間は自分に甘いものです。実は一人ではこのようなハードなトレーニングはなかなかできないわけです。

 

そこで、最近人気があるのがライザップなどのプライベートジムです。

 

ライザップのようらプライベートジムの場合、あなた一人に対して、専門家がマンツーマンでサポートしてくれるため、無理が長続きでき、結果ライザップのコマーシャルに出てくるようなボディに本当になれるわけです。

 

しかもライザップでは、たった2ヶ月、3ヶ月で人が憧れるようなボディになれる。これは他のダイエット方法ではとても真似できないことです。

筋トレの仕方 | 間違った筋トレは逆効果!記事一覧

筋トレは、まず継続していくことが大切です。とは言っても筋トレは毎日行ってはいけません。なぜでしょう。じつは、筋トレの効果を得るためには、筋トレ後に筋肉に休息を与える必要があるからです。では、どれぐらいのペースで筋トレはしたほうが良いのでしょうか?結論をから先に言うと、週に2回から3回の筋トレがベスト。筋トレで筋肉に損傷を与えた後に筋肉を48時間から72時間は休ませると筋肉の回復とともに新しい筋肉が...

筋トレの良い所は、いつでもどこでも、そして無料でできるということ。もちろんジムなどに通ってより効率的に筋トレを行うこともできまずが、筋トレは、一銭もかけずに一人で行うことも可能なのはご存知の通りです。この筋トレは、美しい肉体を作るだけでなく、健康対策にもなります。要は、やる気があれば無料で多くのものを手に入れることができる、と言っても良いでしょう。さて、この筋トレの具体的な効果についてお話しします...

筋トレは、正しく行うことで確実にダイエットにも良い効果をもたらします。筋トレは、筋肉量を増加させ、結果的に「基礎代謝をアップ」することができるため疲れにくく太りにくい体質になるというメリットがあります。ではなぜ、基礎代謝がアップすると痩せやすくなるのでしょうか?基礎代謝とは、横になっているだけでも生命を維持するために使われるエネルギーのこと。基礎代謝がアップすることは、上手く食べたものを効率よくエ...

ここでは腹筋のやり方についてご紹介します。しかも効果的で安全な。あなたの腹筋は、頭の後ろで手を組んで行う腹筋ですか?もしかして、テンポ良く回数を重ねる腹筋でしょうか?このやり方は、腹筋をしないよりはもちろん良いですが、実は効率的な腹筋のやり方ではなく、かなり無駄が多いやり方です。この腹筋を続けているのに効果が出ないという方は、効果が出る腹筋のやり方に変更する必要があるかもしれません。効果的な腹筋を...

筋トレ中はタンパク質が不足しないように工夫して食事のメニューを考えていかなくてはいけません。これは非常に重要なことです。なぜなら、たんぱく質が不足すると筋肉もやせていってしまうからです。はい。そうです。せっかく筋トレしても筋肉がやせてしまうんです。なので筋肉を付けたい場合は、高タンパクな食材を摂取していけるように、徹底した食事管理をしていく必要があるわけです。では、高タンパクな食べ物って何があるで...

筋トレには自宅で使いやすいようなグッズがさまざまあり、ダンベルにも沢山の種類があります。ダンベルはまず自分に合ったものというのが大切で無理のないものを選ぶようにしましょう。水を入れて重さを変えたりできるものもあります。さて、女性は何キロのダンベルを購入すべきでしょうか?効果を出したいのであれば、あまり軽いのではダメです。15回以上持ち上げられるような軽いものではダメです。10回ぐらい持ち上げると限...

同じ筋トレをしてもより高い筋力や痩身効果を得ることができるコツはあるのでしょうか?それは有酸素運動を組み合わせていくことです。それだけでグッと効果を感じやすいでしょう。特に短期間のダイエットでは有酸素運動と無酸素運動を組み合わせることです。これで大きな効果を実感できることがあります。この有酸素運動と無酸素運動を上手く組み合わせるのが自分自身では難しいという人はジムを利用しましょう。特にライザップが...