筋肉 方法

無理せず筋肉をつける方法

筋肉をつけるためには運動量が必要なのはいうまでもありませんが、バランスが大切です。

 

よく腹筋だけ鍛えたい、胸筋だけ鍛えたいという人などがいますが、全体的にバランス良く鍛えていくのが理想的なのです。

 

第一、部分的に痩せるのは難しいです。要は身体全体が痩せることにより、結果的に痩せたかったウエストが痩せたり二の腕が痩せたりして行きますから、バランス良く鍛えましょう。

 

痩せるためには、たとえば、無酸素運動をした後に、有酸素運動でランニングや水泳など全身を使った運動をすると効果が出やすくなります。

 

運動は継続してやるのが基本ですが、筋トレは毎日やってはいけません。1日筋トレをすると2、3日休むというのが理想的な筋トレのペースです。

 

良く軽い重さを30回、50回とやる人がいますが、それでは効果は望めません。少しきついと感じるほどやらないと筋肉には届いていないので、その位が目安です。

 

ただ、あまり無理をしてしまっても身体を壊してしまうのも注意が必要。ひどい筋肉痛になってしまった時は無理をせず休みましょう。

 

私は動けなくなるほどの筋肉痛になるほどやらないようにしていますが、ちょっとやりすぎたなと感じた時には、ストレッチやヨガなどゆったりとした動きで身体をほぐすように動かすことにしています。

 

ちょっと運動法を変えたりしていつもと違う運動をして、楽しみながらエクササイズを取り入れるようにしています。運動が苦手だと思っている人は、意外と楽しみ方がわからなかったり自分のペースがつかめなかったりするだけかもしれません。

 

楽しみながらチャレンジしてみると没頭できるなにかを見つけることができるかもしれませんね。

 

→ ライザップってどう?【口コミ・評判】