夏 痩せにくい

夏が痩せにくい理由と、痩せやすい体質になる方法

夏の方が痩せにくい理由

 

夏は水着になったり、薄着になる機会が増える時期です。でっぷりしたお腹、ぷよぷよした二の腕、太い脚、夏はごまかしが効きません。なんとかして早急に痩せたいと思うのはみな同じです。

 

しかし、冬より夏のほうが痩せにくいってこと、ご存知でしたでしょうか。

 

実は、夏はエネルギーの消費が冬よりも少なく、痩せにくい面があるのです。

 

冬は当然のことながら寒いです。冬の寒さの中でも生命を維持するために、あなたの体は、適正体温になるまで体温を上げる働きをしています。つまり、体温を上げるために、冬は代謝が活発になり、エネルギーをたくさん消費しているのです。

 

しかし、

 

一方、夏は気候が暖かいため、体温を維持するためのエネルギーの消費は少なくなります。そのため、冬より1日のエネルギー消費(代謝)が少なくなり、食べた物がそのまま脂肪となりやすいのです。

 

 

痩せやすい体質になる方法

 

では、夏でも代謝を上げて痩せやすくする方法はあるのでしょうか。

 

あります。

 

それは、筋肉の量を増やすことです。

 

筋肉の量が多い人ほど、代謝が活発で、エネルギーの消費が多いことがわかっています。筋肉の量が多い人ほど太りにくいのです。

 

もし、あなたが太りにくい体質になりたいならは、リバウンドの確率がグンと下がる筋力トレーニングが一番です。