代謝 ダイエット

代謝ってなんですか?

3つの代謝

代謝とダイエットについて

そもそも代謝とはなんでしようか?

 

わかるようで分からない、という人もおられるのではないでしょうか。

 

代謝とは、

 

ひとことで言うと、

 

食べたものを活用させるために、エネルギーなど別のものに変化することをいいます。

 

しかし、代謝と一口にいっても色々。

 

実は、「基礎代謝」「生活活動代謝」「食事誘導性熱代謝」の3つの代謝があるのです。

 

以下で少しだけそれぞれの代謝について触れてみましょう。

 

基礎代謝

 

基礎代謝とは、心臓などの臓器を動かしたり呼吸や体温調節など、安静に寝ていても消費されるエネルギーのことで、生命を維持するために使われています。

 

生活活動代謝

 

生活活動代謝とは、仕事や家事、スポーツなど、日常全ての活動で消費されるエネルギーのことです。

 

食事誘導性熱代謝(DIT)

 

食事誘導性熱代謝とは、食事をすることで、消費されるエネルギーのことです。

 

それぞれの代謝が1日に消費するおおよそのエネルギーは、

 

基礎代謝が70%
生活活動代謝が20%
食事誘導性熱代謝が10%

 

です。

 

驚くのは、エネルギーの消費量が多いのは、寝ている時でもエネルギーを消費する「基礎代謝」だということ。

 

スポーツなどで消費する「生活活動代謝」よりも何倍も多いことです。

 

つまり、カロリーを燃やすには、体を動かすスポーツより、「基礎代謝」を高める方が何倍も効果があるということなのです。

代謝を高めると、どうなるの?

代謝が高くなると、若返り効果を感じます。つまり、新陳代謝と呼ばれる細胞の生まれ変わりも活発になるため、以下のような色々な効果があるといわれています。

 

冷え性改善

 

太らない体質になり、肥満防止、ダイエット効果

 

肌や髪の毛などの色艶が良くなるなどの美容効果

 

病気の予防

 

老化の防止

 

なぜ、年齢とともに基礎代謝量は減少するのか?

筋肉の減少が、基礎代謝量の減少の大きな原因です。

 

エネルギーの消費として群を抜いて大きいのは基礎代謝ですが、この基礎代謝の中で最もエネルギー消費が多いのは筋肉です。

 

筋肉は、赤ちゃんの頃から10代後半までは、何もしなくても、自然と増えて行きます。しかし、体格が大人になった後、あなたが何もしていなければ筋肉は減少しているはずです。

 

つまり、昔のように基礎代謝量を高めるためには、筋肉を付けるのが一番なのです。
代謝を高めるためのコツ

筋肉を楽に増やしましょう!

代謝を上げるには、筋肉を増やすのが確実です。

 

しかし、少し運動しただけで簡単に筋肉が増えるほど甘くはありませんよね。

 

そこでおすすめなのがスポーツジム。やはりまわりでやっている人がいると刺激を受けてやる気が続きます。

 

それよりも良いのがプライベートジムです。専門のトレーナーがあなたにあったトレーニングメニューを用意してくれ、あなたを管理してくれます。

 

なのでプライベートは効果が凄い出ます。

 

ただ、費用が高い!

 

そこで、スポーツジムなど高い料金を払うこと無く、あなたの代謝を上げる強力な味方をご紹介します。

 

なんて、甘い方法はありません。

 

コツコツと努力。これしかありません。

 

今日も頑張りましよう。

 

→ ライザップってどう?【口コミ・評判】